女性の敵!イボを自身で簡単にできる治し方

女性

両性のものを選ぶこと

スキンケア

使用方法を守る

ビタミンc誘導体が含まれている化粧水を使用することの効果は、主に美肌に関するものが多く、ビタミンc誘導体によって皮脂の分泌が抑制されることや、シミやそばかすの原因となるメラミンの生成を抑制することが挙げられます。また、コラーゲンの生成を促す効果も期待できるので、しわやたるみの抑制にもつながります。ビタミンc誘導体にはいくつかの種類があり、水溶性ビタミンc誘導体、油溶性ビタミンc誘導体、両性ビタミンc誘導体があります。この中で肌に対して最も効果が期待できるものが両性のビタミンc誘導体です。肌に対して素早く浸透して効果を発揮する水溶性のものの特徴と、肌の奥深くまで浸透して効果を持続する油溶性の特徴の両方を併せ持っています。そのことからも化粧水を選ぶときには、まず両性のものが含まれているものを選ぶといいです。化粧水には配合されている成分が明記されていますが、パルチミン酸アスコビルリン酸Naやイソステアリルアスコルビルリン酸Naと表記されているものが両性のものとなります。このように肌にとってさまざまなメリットがあるので通常の化粧水と比較すると少し高めとなります。そうなると使う量を減らしたくなりますが、化粧水には使用にあたって効果を得るための分量が決まっています。そのため、事前に化粧水に同封されている使い方をしっかりと読んで、正しい分量で使用することが効果を得るために大事なことであると言えます。